注文住宅を成功させるために!

自分の思い通りの空間をつくりあげることができる注文住宅。
ですが、いざ完成すると
「思っていたのと少し違う?」
と思う方もいらっしゃることでしょう。

今回は、注文住宅を失敗しないための成功例と失敗例をいくつかご紹介します!

新しく家を建てようかお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

■内装編

Yさん(成功例)

広々とした部屋にしたかったので、キッチンにゴミ箱を収納できるスペースと、リビングには掃除機などをすっきり収納できるスペースをお願いしました。
実際に利用していると、本当に便利で頼んで良かったなあと思っています。
部屋がゴチャゴチャにならずスッキリで、良い家に住んでいるなと思います。

◎ポイント◎
家事のしやすさに重点を置いて工事を行ったのは良いことです!
Yさん邸のように、収納スペースを充実させたいという方はたくさんいらっしゃいます。
広々とした家は住みやすい間違いなしです。

Sさん(失敗例)

子どももいるし玄関を広くした方が良いと提案されましたが、ちょっと金額が上がるのそのままで工事を進めてもらいました。
いざ生活してみると、靴や傘などで玄関が溢れ返り、やっぱ広くしといた方がよかったなと思ってます。
快適な暮らしには多少金額は目をつむった方がいいと思います。

◎ポイント◎
玄関は住まいの入口なので、広めにすることがオススメです。
入口からゴチャついていたら印象もあまり良くはありませんしね……。
玄関だけでなく、他の箇所で金額を押さえることができることもあるので、工事の際は都度お声がけいただくことをオススメします。

■水回り編

Nさん(成功例)

高校生になる子どももいるし、トイレと洗面台を2階にも設けるか悩み、最終的には設置をお願いしました。
結果的には良かったと思います。
若干、金額は張りましたが、やはり朝にたて込まないのがいいです。

◎ポイント◎
時間のない朝にたて込むとつらいですよね。
「トイレや洗面台が2つあればいいのに」
と誰しも思ったことがあるのではないでしょうか?
ですが費用は当然変わってきますので、事前にしっかりと見積もりをお願いしておきましょう。

Mさん(失敗例)

まだまだ老けこむ歳じゃないし少しでも安く済ませたい!思って、お風呂場や廊下に手すりを設置するプランを断りました。
数年暮らしていると、やはり加齢からくる衰えには勝てず、今では立つという動作に苦労しています。
正直、あの時強がったり、ケチったりしなけらばよかったと後悔しています。

◎ポイント◎
いざ暮らしてみないと分からない部分ですよね。
家を建てる時は、目先の事情だけではなく、長期的な目線に立って設計することが安心して暮らせるポイントです。

いかがでしたか?

まだまだ不安だし聞きたいことがある!という方は、ぜひ一度当社までご相談ください。
注文住宅を中心に手掛けてきた当社だからこそ、皆様へお伝えできることは数多くあります!

まずはお気軽にお問い合わせください。


一覧ページに戻る