断熱材の役割

断熱材の役割は、住まいに快適さを維持することです。
夏の暑さ・外の寒さを住まいの中に伝わらないようにします。
なので、冷暖房機器や石油ファンヒーターなどの暖房機器が効きやすくなります。
建売住宅などでは自由に設計できないこともありますが、注文住宅であれば希望に沿った断熱材を選べますので、今回は断熱材についてご紹介します。

 

断熱材選びのポイント

断熱材選びで重要なのは、その土地の気候に合わせた断熱材を選ぶこと。
そのためには、素材の性質を比較して選ぶことがポイントです。

主に建築で使われる断熱材は、繊維系と天然素材系、発泡プラスチック系に大きく分類されます。

繊維系には無機系と木質繊維系があり、無機系の中の代表であるグラスウールはガラスを溶かし繊維状に加工したもの。
木質繊維系は、古紙を再利用したセルロースファイバーが代表例で、壁や天井の中に吹き込む施工方法が一般的です。
繊維系断熱材は、価格が安価な反面、材料の中に水蒸気が入りやすく、性能が落ちる可能性があるので、防湿施工を確実に行う必要があります。
羊毛や炭化コルクに代表される天然素材系は、最近さまざまな素材が商品化されています。
環境や人体への負荷が少ない半面、断熱性能の割には高価なところがデメリットです。

発泡プラスチック系断熱材は、さまざまなプラスチックを発泡させて製造します。
もっとも多く使われているポリスチレンは製造方法の違いによって2種類あり、1つは連続発泡させてつくる押し出し発泡ポリスチレン。
一般的にに発泡スチロールと呼ばれる、ビーズ法ポリスチレンは、粒状のポリスチレンを金型にいれて発泡させてつくります。
もう1つのウレタンフォームは、連続発泡された板状のものと現場で吹付け発泡するタイプがあります。
買い物袋や水泳の際使用するビート板と同じ素材からつくられる、高発泡ポリエチレンは柔軟性に富み、耐水性・耐薬品性に強いのが特長。
フェノールフォームは、プラスチックでありながら、耐燃焼性に優れているのが最大の特長です。

 

断熱材を取り入れるときの注意点

私たちのような業者によって、提案する内容に差がでることがあります。
それぞれに考え方が違うことはありますが、建物の構造や工法、地域の気候によっても適した断熱材は変わってきます。
ですので、断熱材を選ぶ際は、オーバースペックになっていないか十分チェックをしましょう。
住む土地の気候によっては、あまり高い断熱性能を必要としない場合もあります。

また、断熱材は一度施工すると、やり直しが難しいのです。
正しい施工法で工事がされているかチェックしましょう。

ただ、正しい施工法をしているかの見極めるのは、当然難しいことです。
そのため、業者を選ぶときは施工実績をよく確認することをオススメします。
ご自身で断熱材を選ぶときも、その断熱材の施工実績が多い業者を選びましょう。

 

最適な断熱材を選んで快適な住まいへ

いつまでも快適に暮らすためには、その住まい・土地に合った断熱材・断熱工法を選ぶ必要があります。
そのためには、断熱材の特徴をしっかりと把握しましょう。
ある程度知識があれば、業者にも相談しやすいですし、住まいにあった断熱材のヒントも受けやすくなります。
断熱材は、光熱費などにも大きな影響を与えるため、慎重に選びましょう。

柏市の株式会社オークスホームでは、注文住宅に特化しており、これまでに豊富な実績がございます。
新しく住まいを建てたい方やご検討されている方に、的確なご提案ができますので、どうぞお気軽にご相談ください。


一覧ページに戻る